スマホ機能を楽しもう~思い出の1曲を着信音で~

ネット社会の発展

pretty woman

現代のに日本ではネットやiphonehなど普及により、情報化社会が発展してきています。スマホやiphoneなどを1台だけでなく、2台以上持つ人も増えてきています。それに伴い、着信音などの売上も上昇傾向に見られます。

Read More

携帯の音楽機能

beauty Woman

携帯電話を持つ人が多かった時には、着信音をこだわる人も多くいました。しかし、スマホが普及している今では、着信音にこだわらない人が増えてきていると言えるでしょう。

Read More

着信音を設定する

pretty woman

携帯やスマホの着信音からは、持ち主の個性や特色を見ることが出来ます。設定する音によっては、話しのネタになる場合もあります。最近では設定する人が減っていますが、設定することで以外な場所での活躍も考えられるでしょう。

Read More

着信音の歴史

着信音の歴史とよく起こった出来事

Woman

【携帯電話の着信音の歴史】 →昔の開発初期の携帯電話(PHSなども含む)の着信音はどれも大差のない電子音でした。そのため誰かの着信音が鳴るだけでその場の全員がポケットを探り、自分の電話の着信を確認する場面もありました。人間の耳には「ピピピ」から「ピピピピピ」に変わったとしてもほとんど違いが感じられないと言われています。 【着信音の始まり】 →1996年5月に、NTTドコモからNEC製の機種が発売されたことにより着信音の進化が始まります。この機種には着信メロディ機能が搭載されており、購入時からセットされている音楽の選択が可能になったのです。 【携帯電話での作曲】 →しかしその4ヶ月後の1996年9月にはIDO、今でいうところのauから自分でメロディを作り着信音にする事が可能な機種が発売されます。携帯電話に楽譜や数字の番号で音楽を作曲したりする遊びの誕生でもありました。 【着うた等のダウンロードサービスの開始】 →最近では当たり前になった着うたですがサービスの開始は2002年です。このサービスの普及により、このページの最初で紹介したような出来事はほぼ起こらなくなりました。

今後の呼び出し音や着メロ、著作権のことなど

スマートフォンの普及によりパソコンからのダウンロードや、音声ファイルの着信音の自作なども可能になりました。もう音が鳴るたびにポケットを探すことは無いでしょう。しかし、誰でも音楽などのダウンロードが可能になってしまったため、サイトなどからダウンロードする際も注意が必要です。 CDからパソコンに音楽データを入れて、それを着信音にしたとしてももしそれが著作権で守られたものだとしたら違法になってしまうかもしれないので、予めそれを使ってもいいのか一度調べてみると良いでしょう。 他にもネット上の動画配信サイトなどからも、ダウンロードの際は注意をよく読み正しい知識で使ってください。海外のスマートフォン等では、このようなことを考えなくても利用可能らしいですが、日本では気をつけないといけないことですので面倒ですが手順は守ってください。